入れてみて!青汁、グリーンスムージーに万能なフルーツ

青汁、グリーンスムージーに万能なフルーツ

青汁はビタミン、食物繊維など豊富な飲み物ですが、単品だと苦みが気になり、飲みにくい方も多いかと思います。
手軽で簡単な飲み方でおすすめなのは、豆乳と青汁の組み合わせです。
豆乳には良質なタンパク質と脂質が多く含まれています。大豆のイソフラボンが豊富で、女性に必要な成分が多く含まれています。豆乳と青汁のダブル効果で美容効果もアップします。

 

まだ飲みにくいという方はこれにレモン汁を足し、はちみつで甘みをプラスすると栄養豊富で飲みやすい豆乳青汁ドリンクの出来上がりです。
豆乳独特の臭みが青汁を合わせることでお互いに癖を緩和するので意外に飲みやすくてすっと喉を通ります。豆乳を牛乳に変えてみるのもおすすめです。
また、豆乳、青汁にバナナ1本を入れてジューサーで混ぜ合わせるとフルーティーな仕上がりになり、腹持ちがよく、朝食にむいています。
グリーンスームージでは、季節の果物、お野菜を使ったレシピで毎日組み合わせて楽しみます。最高ですよ!まるでガスパチョ!?トマト×青汁ドリンク&スープ

 

季節の旬なものは栄養価が高く、美容効果にも優れているためです。
フルーツではやはりバナナが万能で、どんなグリーンスームージーでもバナナを使えば、お野菜とのバランスも良く甘みも引き出すのでうまくまとまります。
お野菜では小松菜、チンゲンサイがおすすめです。

 

小松菜はビタミンCや鉄分が多く含まれるので貧血気味の方は積極的に摂るといいです。
チンゲンサイは100円台程度の安定した値段で年中スーパーなどで手軽に入手出来る点が魅力で、味にクセがなく、飲みやすいです。
チンゲンサイ1束、バナナ1本、はちみつを大さじ1加え、お好みでお水か牛乳を150cc加えると飲みやすく栄養価の高いグリーンスムージーの出来上がりです。
グリーンスムージーは生で摂取することで酵素を取り入れられますので、お野菜やフルーツなど加熱しないことがポイントになります。
青汁3