私の究極のレシピ!

究極のレシピ

青汁4
自分は現在28歳の男性会社員をしております。自分の現在の体格は身長が176cm、体重75kgといった平均体重よりも少しだけ重い体格をしております。服を着ていればスリムに見える体形です。3年前の体重は90kgと巨漢の体重をしておりました。仕事は、今も昔も事務職をしていて、仕事でもカロリーを消費することはほとんどありません。仕事の環境であっても、太りやすい環境でした。同僚や上司との人間関係もずさんで余計にストレスがたまり、それを過食で解消をしていたのです。ダイエットも試みて、最初は有酸素運動ダイエットを行っていていました。

 

ランニングや水泳などです。しかし、自分の体をいじめるダイエットは長続きはしにくいもので、3か月で断念をしてしまいました。そこで、同僚が行っていたアサイ―ダイエットと言われる、ダイエットサプリを活用したダイエットをおこないました。これはカロリー制限のダイエットでもありますが、試食を行うととてもおいしく自分でもいけると判断をして、行いました。運動も行わず、普段の生活を送るだけで、ダイエットを行うことができて、現在の体重までに減量をさせることができました。しかし、途中で栄養が偏ってしまい、下痢なども起こすことがあり、これも同僚のススメで、青汁を飲むことに行っておりました。しかしやはり苦みもきついので毎日飲むことはできなかったのです。そこで、グリーンスムージーと青汁を同時に飲み、かつおいしく摂取できるレシピを自分なりに考えて開発を行いました。

 

それが青汁バナナ牛乳スムージーです。材料はスムージー、バナナ一本、牛乳、きなことなります。これらをミキサーに全て投入して、混ぜるだけで完成します。これが青汁の苦みを他の材料で見事に中和をされておいしく飲むことができるのです。ダイエットができて、健康にもなる、美味しいジュース、これが自分が編み出した究極のレシピです。現在も体重は減量しております。

グリーンスムージーに青汁をプラス、究極の便秘解消ドリンク

健康オタクとまではいきませんが、健康にはそこそこ気を使っています。
ですので、グリーンスムージーも10年くらい前から飲んでいます。

 

友人の中にもグリーンスムージーを飲んでいる人はいますが、多くの人たちは水を入れていますが、私の場合は水ではなく豆乳を使います。
小松菜やパセリなどの緑黄色野菜、バナナ、リンゴ、キウイなどの果物、それに豆乳を入れてミキサーにかけて毎朝飲んでいました。
当時は効果や効能など余り意識していなかったので、ただ美容と健康にいい飲み物だという思いだけでした。
そんなある日のこと、長期海外出張があり、グリーンスムージーを飲めない日々が続き、便秘になってしまいました。
帰国後再びグリーンスムージーを再開したのですが、なかなかよくなりません。

 

そんな時、青汁で便秘を解消したという友人の話を聞き、私も飲むことにしたのです。
青汁は水やミルクに溶かしたり、ヨーグルトに入れると摂りやすいと友人から聞いていたのですが、毎朝飲んでいるグリーンスムージーに入れてもいいのではと思い、今までのレシピに青汁を追加しました。

 

味はほとんど変わりませんから、すんなりと飲めました。
効き目はというと、一週間後にはすっかり便秘は治り、元通りになりました。
想像以上に早い効果でビックリしましたが、やはりお腹には食物繊維が一番いいのだと実感しました。
便秘が治ったお陰で、少し気になっていた肌の調子もよくなりました。
私は元々貧血で顔色がよくなく、目の下にクマもありましたが、肌に艶が出てきて、クマも余り気にならなくなりました。それと、青汁を入れたグリーンスムージーを飲むようになってから冷え症もマシになりました。腸の調子がよくなりだけで、それまで気になっていたところが次々に良くなっていき、今では青汁のない生活は考えられません。
青汁5
毎朝飲んでいたグリーンスムージーに入れたから飲み忘れることや、面倒くさくならずにすんだのだと思っています。
今では、グリーンスムージー仲間たちに是非青汁を入れてみて言っています。